IBRC IBRC IBRC
kage

昆虫バイオメディカル教育研究センターとは?

時間もお金もスマートに節約。それがイマドキの研究スタイル

虫が有する機能を生かし、これまで非効率だった実験を
よりすばやく正確に行う研究をしています。
IBRCではショウジョウバエを用いて効率化を図っています。

ハエの寿命は羽化から約48時間

マウスを用いると1年以上かかる老化実験を、
羽化して1週間で 老化する
ショウジョウバエ変異体を用いて
素早く評価できるようになりました

新しい実験方法

動物実験をせずに、動物実験にかわる
代替法が研究されています。
動物実験より信頼性が
高いとされています。

コストを抑えてより効率化を

実験にショウジョウバエを利用することであらゆる
方面のコストダウンを図る事ができます。
1回の実験にかかる費用が減るので
効率的に研究を行えます。